40代後半の女性の悩みを解消!肩こり・めまい・うつ・疲れなど年齢からくる女性特有の悩みを乗り越えるにはどうしたらいいのか。更年期に効くサプリメントの選び方まで詳しくご紹介。

基礎知識

男性にも更年期は起こる?原因や症状・治療や予防方法まとめ

投稿日:

男性にも更年期は起こる!どんな風になるの?

男性にも更年期は起こる!どんな風になるの?

更年期障害という言葉は誰もがご存知かと思いますが、比較的女性に表れやすい症状であることから、女性特有の病気だと思われている方が多いですよね。しかし、決して更年期は女性にだけ起こるものではなく、男性にだって起こり得るものです。

そこで、ここでは特に40代~50代というまさに更年期にかかりやすい年代の方は必見、男性の更年期の原因やその症状について詳しくご紹介していきたいと思います。

男性の更年期にはどんな原因があるの?

まだ更年期にかかっていないという方は、かからないためにも更年期の原因についてここでは見ていきましょう。これを知っておけば、更年期にかからない対策もできますから、覚えておくと助かりますよ。

男性の更年期原因としくみを知っておこう!

まずは、気になる男性に更年期が起こる原因ですが、これは女性の更年期同様、原因はホルモンにあります。しかし、女性の更年期と異なる点は、男性ホルモンの1つであるテストステロンの分泌量が減少することが男性の更年期の原因となっています。

ちなみに、女性の更年期の場合は、女性ホルモンであるエストロゲンの量の減少にっって起こります。
また、この更年期の症状を悪化させる原因となるのがストレスですので、自分なりのストレス解消法を見つけ出しておくことがポイントとなります。

一体いつ頃から始まるの?

では、こういった男性ホルモンの現象というのはいつ頃からスタートするのかというと、皆さんはきっと「更年期だから4,50代から始まるだろう、だって、みんなそのくらいに更年期の症状が出ているじゃないか」と、思われるでしょう。

しかし、突然男性ホルモンであるテストステロンの分泌量が減るのではなく、徐々に減っていくため、その症状が出るのが4,50代にかけてが多いのです。

実際には、このテストステロンの分泌量が減り始めるのは、30代後半頃からとなっています。ただし、これは平均的なものとなっていますので、テストステロンの分泌量の減少には個人差があります。

しかも、男性は、女性とは異なり、月経がないので、閉経を迎えることはありません。

女性はこの閉経によって女性ホルモンが大きく乱れて更年期にかかりやすい(だから女性の病気だと思われている方が多いのです)のです。

しかし、男性の場合はこれがないので、年齢を重ねても、例え60代であってもテストステロンの分泌量が大量に分泌されている方も多いため、一概にこの年齢からスタートするということは言えないのです。

男性の更年期ではどんな症状がよくみられるの?

更年期にかかったかどうかといっても、よくある体調不良の症状と変わらないことが多いので、更年期にかかったとはわかりづらい傾向にあります。

ですが、こんな症状が出てきたら怪しいと思ってみましょう。

1.精神的に症状が出てくる

いわゆる更年期特有の症状で、何に対してもやる気が出なくなったり、不安な気持ちに襲われてしまいます。
ひどい時には鬱になってしまう方もいるので、どうしてもいつも気持ちが盛り上がらないという方は、更年期だと疑ってみましょう。

2.身体にその症状が出てくる

女性の更年期でもよくある、ホットフラッシュ(体がすぐにほてってしまう)、筋肉痛、汗が多く出る、めまいや耳鳴り、それに頭痛や背中化から首にかけての痛みなどが出てきます。

3.性機能に障害が出てくる

男性ホルモンの分泌量が減少することによって、いわゆるEDが起こりやすくなりますし、そもそも性欲が低下してしまう傾向にあります。

4.「男らしさ」が失われやすくなる

男性ホルモンによって男らしくありたいと男性は思うのですが、例えば征服欲だったり、冒険心、そういったものも更年期によって失われがちになります。

どんなタイプの人が男性の更年期障害になりにくいの?

どんなタイプの男性が更年期障害になりにくいのか、これを知っておけば、あなたもこのようになって更年期障害の予防対策を始められるので参考にしてくださいね。

1.睡眠がきちんとできている方

仕事の精神的な疲労などによって睡眠不足に悩まされる男性は多いです。
良質な睡眠がとれないと、疲れやストレスがたまりやすく、自律神経が乱れて男性ホルモンも乱れやすくなります。
その結果、更年期障害になる方が多いので、良質な睡眠をしっかりとるように心がけましょう。

2.ストレスや疲れをため込んでいない方

特に、男性は30代後半くらいから仕事でも大きな責任を抱える役職や地位につく方が多く、これがストレスや疲れの原因となります。
これが体にたまると、最悪の場合死をもたらすことがあるのはご存知の通りです。
ストレスや疲れがたまってもきちんと発散している方、こういった方は更年期にかかりにくいです。

3.生活習慣がきちんとしている方

生活習慣の乱れは病気の原因にもなります。
これがしっかりしている方、例えば、食事のバランスがちゃんとしている方や適度に運動をしていて、毎日規則正しい自分なりのサイクルがあり、それ通りに生活している方というのも更年期を予防できます。

4.神経質すぎない方

あまりに小さなことに気をかける方というのは、ストレスもたまりやすく、これによって更年期にかかりやすくなります。
しかし、ざっくばらんに適応できる方というのは、そういう神経的なストレスを抱えにくいので、更年期にはかかりにくいです。

男性更年期かも!はじまりの初期症状ってどんなんなもの?

「ただの体調不良だ」と、思っているものも実は男性更年期のスタートを意味しているかもしれません。
そこで、男性更年期の初期症状をご紹介しましょう。

男性更年期の初期症状はどんなもの?

初期症状も、人によって異なりますが、以下のようなことが挙げられます。

食欲の変化

食欲低下や逆に食欲がアップする方もおり、体重がそのせいで増えたり、逆に激減します。

集中力の変化

何に対しても集中しにくくなり、仕事でもミスを連発するなどがおきます。

睡眠の変化

なかなか睡眠がしにくくなり、寝ていても何度も目が覚めてしまいます。

やる気の変化

全てに対してやる気がなくなり、例え今まで自分が好きだったことに対してもやる気がわかなくなります。

セルフチェックで判断しよう!

男性更年期カモと思ったらセルフチェックができます。

AMS調査票というものがあり、全体的な体調がおもわしくないか、睡眠に問題はないか、それに多汗症状やホットフラッシュなどの症状は出ていないか、これを各項目5段階評価で点数をつけます。

最終的に合計した点数が17~26点であれば問題ないのですが、それ以上となれば、点数が多ければ多いほど重度の男性更年期である可能性があります。

男性更年期の治療や予防法は?

男性更年期にかかった場合の治療法は、病院で男性ホルモン補充療法(ART)を受けるということです。

つまり、不足しているホルモンを注射で投入するというものですが、多血症などの副作用がある可能性もあります。また、それぞれの症状を和らげるのであれば、精神面であれば、抗うつ剤や安定剤を医師に処方してもらうと、症状はやわらぎます。

さらに、男性更年期を予防する方法は、やはり生活習慣を正すこと(食事バランスを良くし、睡眠もしっかりと取り、運動も適度にする)、そして何よりもストレスをため込まないことです。

男性更年期には個人差がある

男性更年期はかかる年齢も様々です。

そして、これにかかると終わりがないので、非常に辛い思いをすることになりますので、上記を参考にして、男性更年期にかからないよう、これから日々心掛けていきましょう。

更年期予防にオススメのサプリ

-基礎知識

Copyright© 更年期の予防にオススメのサプリ!40代の冷え・めまい・肩こりの症状に , 2018 All Rights Reserved.