女性ホルモンを増やすには何をしたらいいのか解説しました。まず女性ホルモンとは何なのか、その仕組について説明し、不足すると起こってしまう様々なトラブル、NGな習慣について解説しました。最後に本題である女性ホルモンを増やすために行うべき行為についてまとめて記述しています。

基礎知識

更年期は女性ホルモンの低下が原因!女性ホルモンを増やす方法・習慣まとめ

投稿日:

女性ホルモンの不足が女性の心身に悪影響を与えるということは多くの方が知っていても、その仕組みや対策方法については知る人は多くありません。

今回は、女性ホルモンについて誰にでもわかるように総合的に解説します。

それではまず女性ホルモンとはそもそもなんなのか?女性ホルモンが低下する原因や増やす方法について解説していきます。

女性ホルモンってそもそも何?簡単な概要

ホルモンとは体内の様々な器官をコントロールする物質であり、女性ホルモンは女性特有の体型や機能に大きな影響を与えています。

大きく分けて「エストロゲン」と「プロゲステロン」の二種類あるとされ、それぞれが違った役割を担っています。

エストロゲンは女性らしさを作り出すホルモンで「卵胞ホルモン」とも呼ばれるものです。

女性らしい丸みを帯びたボディラインを形成し、肌や髪、骨にも作用し自律神経にも影響を与えるために、女性の心身の健康に大きく関わっています。

プロゲステロンは別名「黄体ホルモン」と呼ばれ、妊娠機能を司ります。

基礎体温の上昇、乳腺の発達、子宮内膜を整えるなど妊娠が少しでも成功しやすくなるように体に様々な変化を表します。

女性ホルモンについて概要がお伝え出来たところで、次に分泌の仕組みについて知っていきましょう。

女性ホルモンが分泌される仕組み

女性ホルモンの分泌の仕組みに大きく関わるのは脳です。

間脳という部位にある視床下部が常に血液中のホルモン量をチェックし、不足を感じると性腺刺激ホルモン放出ホルモンを分泌し脳下垂体に指令を伝えます。

指令を受けた脳下垂体は、急ぎ2種類の性腺刺激ホルモンを分泌し今度は卵巣に命令を出します。そして、卵巣は性腺刺激ホルモンの指令通りに卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2種類の女性ホルモンを適度に分泌していくのです。

卵巣が卵胞ホルモンと黄体化ホルモンを分泌していく過程で起こる一連の動きが、排卵・生理です。

規則正しい生活を心がけることでこれら一連の仕組みが正常に働き、過不足ない女性ホルモンが分泌されていくこととなります。

逆に不規則な生活や強いストレスは、分泌に関わるいずれかの器官にトラブルを発生させて女性ホルモンの分泌を妨げてしまうのです。

結果的にホルモンバランスが崩れてしまい、心と体に不調をもたらしてしまいます。

女性ホルモンが不足することどんな影響がある?女性ホルモン低下でもたらされるトラブル

女性ホルモンが不足してしまうと様々なトラブルが心と体にもたらされます。実際に具体例を挙げて女性ホルモンの不足が引き起こすトラブルについて解説します。

 

生理不順や無月経

女性ホルモンの不足がもたらす代表的な症状として、生理不順や無月経が挙げられます。老化を加速させ、最悪な場合不妊という非常に大きな困難をもたらす非常に厄介なトラブルです。女性にとっても最も大切な機能のリズムが狂わされることによって、頭痛やめまい、のぼせや冷え、イライラなどの症状が併発してしまうことも非常に多いです。

 

骨粗鬆症のリスクの上昇

ただでさえ女性は出産や加齢によって骨粗鬆症にかかりやすい傾向があるのに加えこういったリスク増加は非常に大きな危険を伴うでしょう。

 

不安定な精神状態の確立

女性ホルモンが不足すると、大きなストレスを感じ、常にイライラや不安を感じてしまうようになります。ストレス負荷は女性ホルモンの分泌を妨げてしまうために、このような上智亜に陥ると悪循環が加速してしまいます。

 

早期の閉経

過度な女性ホルモンの不足は、通常還暦に近づく頃に訪れる閉経が40歳未満で発生させてしまいます。子どもを若くして生むことができなくなるという実質的なリスクに加え、身体に無理がかかり、心筋梗塞や脳卒中のリスクも上昇してしまう可能性があります。

 

記憶力の低下

女性ホルモンは記憶力や集中力の向上にも関わる物質です。そのため女性ホルモンの不足は、慢性的に注意散漫な状態を生み出してしまいます。女性が加齢によって記憶力を低下させやすい原因の1つが女性ホルモンの欠如だとされています。

 

死亡率の上昇

過度な女性ホルモンの不足は、心身ともに強い負荷を与えるために死亡率を飛躍的に上昇させてしまいます。最も恐ろしい事態を避けるためにも女性ホルモンは日々意識的に補っていく必要があるのです。

それでは今度はそんな女性ホルモンの不足を引き起こすNGな習慣について見ていきましょう。心当たりがある場合は、ぜひ改善に役立ててくださいね。

女性ホルモンの分泌を妨げる7つのNG習慣

バランスの悪い偏った食生活

栄養バランスの偏った食生活は女性ホルモンの分泌に悪影響を与えます。特に過度な塩分や脂質の摂取は血管の詰まりや血行不良を引き起こし、女性ホルモンの分泌を不規則にしてしまいます。また、野菜・果物不足によるビタミンの欠乏もホルモンの分泌を妨げるNGな習慣です。

 

慢性的な睡眠不足

慢性的な睡眠不足は自律神経のバランスを崩してしまい、脳に正常な指令を与えにくくなってしまうことに繋がります。また、ゴールデンタイムの睡眠中に最もホルモン分泌が盛んになるため、睡眠を十分に取らないということはその分泌量も大幅に減ってしまっているということです。

 

慢性的な運動不足

運動不足も女性ホルモンの分泌を妨げてしまう習慣の1つです。適度に運動を行わないと徐々に血行と代謝が悪化し、ホルモン分泌も正常にお行われ無くなってしまうのです。特にデスクワークをしている女性や家にこもりがちな専業主婦の方々にとっては悩みになりやすい点です。

 

体を冷やしてしまう行動

体の冷えはすなわり血行不良に繋がるため、女性ホルモンの円滑な分泌を妨げてしまいます。正常に血中のホルモン量を測ることが出来ず、不規則な分泌が開始されてしまいます。

 

過度なストレスを伴う行為、環境

過度なストレスは女性ホルモンの分泌に最も大きな悪影響をもたらします。脳の中枢にある視床下部はストレスに弱いため、すぐにその分泌量を低下させてしまうのです。

 

飲酒、喫煙

飲酒、喫煙も女性ホルモンを不足させる原因となりえます。健康を害するという意味でもリスクが大きいためできるだけ避けたほうが良いでしょう。

 

刺激のない生活

刺激のない生活を送り続けることで、神経の指令伝達機能はどんどんと低下していってしまいます。正常に指令が伝えられなくなると、女性ホルモンの分泌は非常に不規則なものとなります。

以上が女性ホルモンの分泌に悪影響を与える主な行為・習慣・環境です。思い当たるふしがあったでしょうか?

では次は逆に女性ホルモンを増やすためにとるべき習慣について解説します。

女性ホルモンを増やすための7つの習慣とは?

女性ホルモンの分泌を妨げる悪い習慣があるということは、分泌を促進する良い習慣もあるということです。この項目では女性ホルモンを増やすために摂るべき行動をご紹介します。

 

バランスの良い食生活

バランスの良い食事をしっかり三食摂ることで女性ホルモンの分泌を助けることが出来ます。過不足なくタンパク質、炭水化物、資質を摂ることの出来る健康的なメニューを心がけましょう。また、ゴボウやバナナ、納豆等のオリゴ糖や食物繊維が含まれる食品を多く摂取することは、女性ホルモンの分泌に良い影響を与えます。バランスの良い食事メニューの中にこういった食材を取りいれていくことも女性ホルモンを増やすために重要となります。

 

しっかり睡眠をとる

ホルモン分泌において最も重要となるゴールデンタイムにしっかり睡眠をとることは、女性ホルモンの分泌機能を正常に働かせるために大切です。忙しい日々でも7時間は睡眠時間を確保するようにすると、ホルモンバランスの崩れは劇的に改善していきます。

 

適度に運動する

適度に体を動かすことは代謝を高め、血行を良くする効果を持っており、女性ホルモンにも良い影響をあたえることが出来るのです。ただあくまで適度に、であって無理な運動は体に大きな負担を与えてしまうので絶対に避けましょう。

 

半身浴で体をポカポカに温める

半身浴を上手く利用して、一週間に一度は体を芯から温めましょう。体の冷えを解消することで血行を促進し、スムーズなホルモン分泌が期待できます。仕事や家事の疲れを癒やす意味でも半身浴は非常に良い習慣です。ストレスを和らげることに繋がり、これまた女性ホルモンの分泌をたすけることができるのです。

 

ストレスのない生活を心がける

ストレスが女性ホルモンに多大な悪影響を与えるということは先ほどお伝えしたとおりです。そのため、普段からストレスの少ない環境に身をおくということは非常に重要です。どうしてもストレスを感じてしまう環境にいる場合は、すぐにストレスを解消できるような、自分だけの手段を良いしておくと良いでしょう。

 

色んな事に興味を持つ

見過ごしがちな点ではありますが、色んな事に興味を持ち挑戦していくことは女性ホルモンの増加させるために非常に重要な習慣です。指令を伝達させる神経の働きを鋭敏にさせるだけでなく、ドーパミンを分泌させる過程で視床下部にも良い影響を与えます。

 

サプリや漢方を飲む

それでも上記すべての行動を適切に心がけ、理想的で健康的な生活習慣を維持することはなかなか難しいものです。そんなあなたの強力な助けとなってくれるのが、サプリや漢方の存在です。

サプリや漢方は女性ホルモンの分泌を直接的に促し、不足を補ってくれる効果も持っています。同時に美容やPMSや更年期障害の予防等もサポートしてくれるため、積極的に摂取することをオススメします。

更年期サプリの選び方

女性ホルモン不足も怖くない!しっかりとした対策を

女性ホルモンについて多くのことが理解できたかと思います。

女性ホルモンの不足は確かに深刻な様々な症状を引き起こしてしまいますが、しっかりと対策を行えば怖いものではありません。

ぜひ今回ご紹介した方法を参考に、健康的なからだづくりに役立ててみてくださいね。

-基礎知識

Copyright© 更年期の予防にオススメのサプリ!40代の冷え・めまい・肩こりの症状に , 2018 All Rights Reserved.