更年期の症状で困っている方も、それを回避したいという方のために、更年期の症状を和らげる効果のある大豆イソフラボンについての詳細をまとめました。毎日イキイキと健康的な生活を歩むために大豆イソフラボンの効果・効能についてぜひ読んでいただきたいです。

更年期に大豆イソフラボンがオススメ!大豆イソフラボンサプリの期待でいる効果・1日の摂取量や副作用

ゆらぎ期の症状

更年期の症状に大豆イソフラボンは効果的って本当?!

近年では、いわゆるノンママ(結婚しても子供を持たない主義の女性)や、一生独身で子供を生まないという女性も増えてきており、これが原因となって更年期の若齢化が進んでいるのをご存知でしょうか。

 

若年性更年期障害の症状や原因・セルフチェック・治し方ついて

中高年にももちろん更年期の症状を抱えている方は多いですが、この更年期の症状に効果的なのが大豆イソフラボンだと言われています。

では、更年期と大豆イソフラボンには一体どんな関係があるのか、そして、本当に更年期の症状に大豆イソフラボンは効果的なのでしょうか。

おすすめ大豆イソフラボンサプリ

大豆イソフラボンが更年期症状の緩和に役立つ仕組み・理由

どうして大豆イソフラボンが更年期の症状の緩和につながるのか、ここでは、その仕組みと理由について見ていきましょう。

大豆イソフラボンは女性ホルモンと同じような働きをする

大豆イソフラボンは女性ホルモンと同じ働きをする

これはよく言われていることですので、皆さんもご存知かと思いますが、大豆イソフラボンというのは、女性ホルモンと同じような働きをするということが言われています。

特に、更年期になると、女性ホルモンであるエストロゲンが減少傾向にあります。

そして、男性ホルモンが増加してしまうため、イライラや不安感、ホットフラッシュなどの症状だけでなく、髪の毛が薄くなったりします。

ですが、大豆イソフラボンを摂取することによって、女性ホルモンと同じような働きをするため、エストロゲンが減少しても、大豆イソフラボンがそれに変わって女性ホルモンのバランスを整えてくれるのです。

ホルモンのバランスの乱れによって起こる更年期の症状も、これで抑えることができるというわけです。

悪玉コレステロールを減らしてくれる大豆イソフラボン

骨粗鬆症

更年期の症状の1つとして挙げられるのが、骨粗鬆症です。

しかも、すべてにやる気がなくなり、外に出ることさえ億劫になって太陽にあたらない日が続けば、この症状はビタミンD不足により悪化する恐れもあります。

そんな骨粗鬆症を和らげる効果があるのが大豆イソフラボンなのです。

というのも、体内の悪玉コレステロールを減らす働きがあるので、骨密度の減少を予防するという効果があるためです。

カルシウムも多く含まれているので、骨密度の現象を抑えつつ、骨を作っていくという働きもしてくれます。

大豆イソフラボンには、『グリコシド型』と『アグリコン型』がある

大豆イソフラボンには大きく分けてアグリコン型イソフラボングリコシド型イソフラボンとがあります。

注目していただきたいのは、アグリコン型イソフラボンで、糖と結びつくグリコシド型イソフラボンから糖が除かれたものがこれになります。

ちなみに、イソフラボンがアグリコン型にならないと、体に大豆イソフラボンは吸収されません。

そして、これも更年期の症状の緩和ととてもかかわりのある成分であるエクオール(女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをする)ですが、これは、アグリコン型イソフラボンから作られます。

ですから、アグリコン型イソフラボンをたくさん摂取し、体の中でエクオールにかえることができれば、更年期の症状の緩和につながるのです。

大豆イソフラボンについて

大豆イソフラボンが多く含まれている食材、そして、1日にどれだけの大豆イソフラボンの摂取をすることが目安かなどについても見ておきましょう。

大豆イソフラボンは、想像がつくかと思いますが、大豆製品に多く含まれています。

大豆製品

ですから、女性ホルモンのバランスが崩れやすい妊娠中などには積極的に(ただし過剰摂取は禁物)大豆製品を食べるようにということが言われていますよね。

それは、女性ホルモンと同じような働きをする大豆イソフラボンで、妊婦さんの体の中のバランスを整える効果があるためです。

そんな大豆イソフラボンですが、豆腐、味噌、醤油、油揚げ、湯葉、豆乳、厚揚げに納豆と、日本人の食卓に頻繁に出てくる食品から摂取することが可能です。

特に、上記で述べたアグリコン型イソフラボンを含む大豆製品として、味噌醤油が特におすすめです。

味噌

これらの大豆製品が他の大豆製品と異なる点は、発酵しているという点なのです。

発酵している大豆製品は、豆腐などの発酵していない大豆製品よりも多くのアグリコン型イソフラボンを含みます。

大豆イソフラボンの1日の摂取目安量は、1日に75mgとなっています。

ただ、この数字を見てもいったいどれほどの大豆製品を食べればその数値に達するのかもわかりませんよね。

例えば、納豆2パックで約70mgほど、豆腐1丁で約80mgとなりますが、摂取するべき大豆製品は何度も言いますが、特にアグリコン型イソフラボンなのです。

それを考えると、豆腐ではこれ以上の量を食べないといけませんし、味噌や醤油はアグリコン型イソフラボンを含みますが、大量に食べたら塩分過剰摂取で、逆に健康を害します。

結果的に言えば、毎日の食事から大豆イソフラボンを摂取することはできても、毎日食べ続けるとなると、かなり大変です。

そこでおすすめなのが、サプリで代用するということなのです。

大体粒状になっていますから、それを決まった量だけ飲んでいれば、目安の摂取量を毎日簡単に体に摂り入れることができます。

大豆イソフラボンサプリの選び方

大豆イソフラボンサプリの選び方

大豆イソフラボンサプリと言っても、今は様々な種類のものが売られているので、どれを購入して良いのかわからないことが多いですよね。

そこで、ここでは、どういった基準で大豆イソフラボンサプリを選べば失敗しないのか、いくつかのポイントをご紹介しましょう。

安全面で保証がある製造会社を選ぶ

サプリは毎日飲むものであり、体の中に取り入れるものですから、安全性の麺で信頼のおける製造会社を選ばないと、健康面で影響が出てくることがあります。

きちんとGMS表示がされているかどうか(ISOやGMS機銃を満たしているかどうか)をチェックして、問題ない会社の作ったサプリを選ぶようにしてください。

安全な大豆(遺伝子組み換えされていないもの)かどうか

大豆製品を買うと、必ずと言っても良いほど、パッケージの裏に「遺伝子組み換えされた大豆は使用しておりません」と、大きく表示されていますよね。

大豆イソフラボンサプリも、こういった大豆から抽出された大豆イソフラボンでないことを確認してください。

安全面で問題があることもあるので、不安なく摂取するためには、素材の安全性も確認しなければいけません。

コストが予算内であること

予算内で購入できるか

サプリは毎日飲み続けることで効果を上げていくものです。

ですが、毎日飲みたいけど飲めない状況というのがありますよね。それは、予算オーバーの時です。

そうならないためにも、色々な条件を満たしつつ、きちんとあなたの予算に合った商品を選ぶことが大切です。

アグリコン型イソフラボンかどうか

大豆イソフラボンにおいて重要なことは、アグリコン型イソフラボンかどうかです。

アグリコン型イソフラボンの方が、体への吸収率が高く、これがエクオールに変われば、更年期の症状の緩和につながります。

ですので、アグリコン型イソフラボンが含まれているサプリかどうかを必ずチェックしてください。

大豆イソフラボンサプリを比較表でチェック!

ここでは代表的な大豆イソフラボンサプリメントをご紹介すると同時に、その主成分、イソフラボンなどの含有量、それに値段についても見ていきたいと思います。

商品名 主成分 イソフラボンやエクオール含有量 価格/コスパ 安全性
エクオール+ラクトビオン酸 エクオール、ラクトビオン酸 エクオール10mg 通常6,480円(定期便5,832円) GMS規格基準を満たす工場で製造
ノムダス 乳酸菌、エクオール、食物繊維 エクオール8mg 通常6,980円(初回のみ1,260円) ISOを修得した工場で生産
FANCL 大豆イソフラボンプラス、大豆イソフラボンアグリコン 大豆イソフラボン23.6mg 通常1,615円(健康・得楽便は1,453円)から 大豆は遺伝子組換えでない
ネイチャーメイド大豆イソフラボン 大豆イソフラボン 大豆イソフラボン25mg 1,680円 大豆は遺伝子組換えでない
DHC 大豆イソフラボン、ラクトビオン酸含有乳糖醗酵物、大豆抽出物 大豆イソフラボン約25mg 1,274円 大豆は遺伝子組換えでない
オーガランド大豆イソフラボン 大豆ペプチド 大豆イソフラボン6.25mg 通常756円(定期便642円) 大豆は遺伝子組換えでない

 

大豆イソフラボンおすすめサプリ3選

ここでおすすめの大豆イソフラボンサプリを3つご紹介しましょう。

エクオール+ラクトビオン酸

ポイント

  • 日本初のラクトビオン酸とエクオールの同時配合製品
  • 腸内も整えてエクオールを生産する力も与える
  • ミネラルの吸収にも効果的

エクオール+ラクトビオン酸は、日本時で初めてエクオールとラクトビオン酸を同時に配合した製品となっています。
これによって、エクオールを吸収することもできるのですが、腸内フローラルを整えて、エクオールの生成にも効果を出すという、エクオールをさらに体の中に増やす働きをします。
大豆イソフラボンと密接に関係するエクオールをふやすことで、更年期の症状を抑えることにつながります。

年齢を重ねたらだるさもこんな感じなののかと思っていたのですが、これを飲み始めてからスッキリするようになりました。最近では毎日のめぐりがよくなったと実感しています。

飲み始めて1、2週間程でこんなにも良い感じになるのかと爽快で軽やかな感じで過ごせています。表情も良い感じになりましたし、変わらず忙しいのに、余裕をもって過ごせています。


ネイチャーメイド大豆イソフラボン

ネイチャーメイド大豆イソフラボン

ポイント

  • 1日1粒でOK!
  • コスパが良くて続けやすい
  • 体のネイチャーメイド大豆イソフラボンですぐ溶ける

そもそも、このネイチャーメイドというメーカー自体が、サプリメントのメッカともいえるような会社ですので、信頼はとても暑いですよね。
この大豆イソフラボンサプリに関しては、1粒に25mgの大豆イソフラボンが含まれていて、確かに1日の摂取量には満たないのですが、これに毎日納豆を1パック追加したりすれば、ほぼ1日に必要な量は補うことができます。
しかも、小粒で飲みやすいというのも、毎日飲み続けるものとしては、とてもありがたいですし、コスパが良く(かなり安いです)、安全面でも保証された製品としてもおすすめです。

昔からホルモンバランスが悪く、生理も定期的にはきませんでしたが、これを飲み始めてからはかなり来ていなかった生理も来て、PMSなどの症状も一切なく、驚いています。

体のあらゆる面で悩みを抱えていたのですが、ホルモンバランスを整えるためにこれを飲んでからは、不正出血もピタッととまり、バストアップ効果もあったりと、女性が抱える悩みを色々解決してくれました。


DHC 大豆イソフラボン

DHC 大豆イソフラボン

ポイント

  • コスパが良い
  • 特に女性にとって優しい成分をしよう
  • 大豆は遺伝子組換えのものではない

とにかくコスパが良くて続けやすいということが挙げられますが、マイナスポイントを上げると、アグリコン型イソフラボンではないということです。

しかし、DHCという多くの女性に愛されているメーカーだけあって、女性に優しい成分を使っているということ(ラクトビオン酸や大豆抽出物など)、それに使われている大豆も遺伝子組み換えのものではありませんし、何より、信頼のおけるメーカーであるということが、この商品の特徴だと言えます。

コスパの面で満足したのでこのサプリを使っています。大きな変化はま得られていませんが、心なしか症状が安定したように思えます。健康に良いような気がするのでしばらく続けたいと思います。

閉経した途端に常に不快感と軽い吐き気があり、全身がだるく感じるようになりました。ダメもとで飲みだしてすぐに不安感も消えて快適な生活を今では送っています。

大豆イソフラボンの副作用、注意点について

大豆イソフラボンを摂取する際には注意しなければならないこと、さらに副作用があるということを覚えてきましょう。

では、一体どんなことを注意すればよいのでしょうか。

過剰摂取に注意

大豆イソフラボンは女性ホルモンと同じような働きをするということは前述した通りです。

これが不足するからホルモンバランスが崩れると思って、必要以上に摂取してしまうと、これもホルモンバランスを原因となるのです。

ですので、過剰摂取は禁物、決められた数値の大豆イソフラボンを摂取するようにしてください。

大豆イソフラボンを摂取した際に起こり得る副作用

大豆イソフラボンを摂取した際にみんながみんな副作用が起こるというわけではありません。

ですが、それが起こる人もおり、どういった症状かと言うと、生理周期が狂ってしまう、ホルモンの濃さが変化する、つまりバランスが悪くなることがあります。

あなたの体調そのものに害を及ぼすことがありますので、必ず規定量を守ること、そして、大豆イソフラボンを摂取してから体に異常を感じた場合には、直ちに飲むのを辞めましょう。

大豆イソフラボンはこんな風に摂取しよう

更年期には大豆イソフラボンを摂取することは欠かせません。

しかし、どんな大豆イソフラボンでも良いかと言うとそうではなく、種類があったり、色々と注意しなければならないポイントがあります。

それをここで知っていただければ、更年期の症状を緩和することができますよ。

投稿日:

更年期サプリ おすすめ

Copyright© 更年期の予防にオススメのサプリ!40代の冷え・めまい・肩こりの症状に , 2018 All Rights Reserved.