更年期の冷えを解消するためにはある必要な成分があり、それを配合したおすすめのサプリなどもこちらでご紹介しています。
更年期の冷えの根本的な詳細を書いていますので、それを予防、改善するためにも役に立つ内容となっています。

基礎知識

更年期の冷えはなぜ起こる?冷え性の原因と治し方(改善方法)

投稿日:

更年期の冷え

更年期には様々な症状が起こり得るのですが、体温の変化を感じる方はとても多いです。

ホットフラッシュという、突然体がホテルという方もいれば、逆に冷え性がひどくなるという方もいますが、ここでは更年期の際に起こる冷えに特化して、その原因や書状などを一挙にご紹介していきたいと思います。

更年期の冷え性っていつもの冷えと違うの?その特徴とは

特に、更年期は女性がかかることがおおいものであり、女性は多くの方が冷えで悩んでいるため、それが更年期の冷えかどうか判断しづらい所もあります。

しかし、更年期の冷えというのは、若干普段の冷えとは異なることがあるので、その特徴や症状をご紹介しましょう。

  • 以前も寒がりだったけど、以前以上の冷えを感じる
  • 手足などが冷たくて眠ることすらできない
  • 冷え性のせいで体がむくんでしまう

こういったことを感じる冷えの場合、更年期の冷えだと思って良いでしょう。

さらに、冷えだけでなく、ホットフラッシュも併発することがあるので、こういった方の場合には更年期の冷えである可能性がかなり高くなります。

ホットフラッシュで体が熱くなり体を冷まそうとすると、今度は冷えがやってきたり、さらにその冷えが強くなってくることがあるので、注意しなければなりません。

更年期の冷え性には大きく分けて2タイプある

更年期の冷え性といっても、他の症状のように、冷え性の中でも大きく分けて2タイプ分かれているので、どういったタイプなのかを見ていきましょう。

血管収縮型冷え性

概して手先や足先などの先端が冷えてしまうという症状です。

血管収縮型と呼ばれているのは、従来の「冷え性」と呼ばれるもののことで、筋力低下、それに血行不良などによって血管が収縮して体の末端部分が冷えるという冷え性をいいます。

従来の冷え性は、この血管収縮型冷え性の方が半分以上を占める割合となります。

ちなみに血管収縮型冷え性にはさらに細かく分けられ、体内でも血液が行きにくい所である手先・足先などの末端に起こる冷え性で、内蔵型冷え性は体の内側が冷えます。

血管拡張型冷え性

この冷え性は、ストレスなどによって起こる自律神経の乱れなどから血管が常に拡張していることで体温が奪われてしまうというものです。

部分的にイな冷えではなく、全身が冷えてしまうので、周りの人が暑がっていても、自分だけは寒いと感じるのです。

まるで風邪をひいたときのような震えるような寒さを感じて眠れなくなる方も多いです。

更年期の冷え性と原因は何なの?

更年期に起こってしまう冷え性は、一体どんな原因によって引き起こされるのでしょうか。

これは、どの更年期の症状にも言えるように、根本的な更年期の原因である、女性ホルモンであるエストロゲンの量が急激に減少することでホルモンバランスが乱れるためです。

ホルモンバランスが乱れると、自律神経も乱れ、交感神経と副交感神経のバランスも崩れます。

人間は寒いと思ったら交感神経が優位に立って体温を維持しようとするのですが、ホルモンバラスが乱れることで、この働きが正常に働かなくなります。

それによって更年期に起こる冷えはより悪化の傾向をたどります。

更年期の冷え性を改善しよう!その方法は?

更年期の冷えにかかってしまったら、とにかく常に寒くて、そればかりが頭にありますから、不快な生活を送ることになりますよね。

そうならないための改善案をここでは見ていきましょう。

冷え性の改善にはまず生活習慣を正すこと

これは体を立て直す際には常にいえることですが、食生活をただし、しっかりと睡眠をとることが大切です。
食生活においては、栄養バランスが整ったものはもちろんですが、体を温める、さらに、代謝アップするような食材を日々摂取するよう心がけましょう。
そうすることで寒さを回避できますし、新陳代謝を高めて血流のめぐりも良くするので、さらに体がぽかぽかとして、冷えをはねのけることができます。
また、体がきちんと機能するよう、血流促進にもつながる良質な睡眠をとることで冷えも改善していきます。

有酸素運動をやろう

運動もしっかりと行いましょう。

特に、有酸素運動は体の中から温めるので、ヨガやピラティスはもちろん、簡単にできるウォーキングやジョギング、それに筋トレはおすすめです。

こうすることで、代謝がアップし、体の中から温まるだけでなく、ダイエット効果ももたらします。

ツボを刺激してあげよう

冷えに効果があるツボがあるので、いくつかピックアップしたので、参考にしてください。
三陰交は脚のくるぶしから指を上部に4本あてた距離にあるので、そこを少し痛いと感じるくらい、ゆっくりと数回刺激してみましょう。

そして、八風は両足のすべての指の間にありますから、1ヶ所ごとに少し強めに押してあげ、最後は足先のストレッチもすると、足の冷えが和らぎます。

お役立ちサイト 冷え症・低体温改善 ツボのつぼ

お風呂にしっかりと入ろう

お風呂に入れば血流が良くなるので、体がぽかぽかします。

入り過ぎはお肌が乾燥したり、脱水症状を起こす原因となるので、最高でも15分以内をおすすめします。

血流がよくなった入浴時にマッサージをしてあげることで、より血流アップにつながるので、こういったことも意識して、お風呂で行いましょう。

更年期の冷えを予防するための食事とおすすめのサプリメントは?

更年期の冷えは日々の食事や、効果的な成分をとることで改善できるので、ご紹介していきましょう。

積極的に体が温かくなる食材をとろう!

体が温かくなる食材だとか冷えるものだとか、考えるのが面倒だと思う方もいるでしょうから、ポイントとしては、秋や冬に旬な食べ物は体が温かくなると思ってください。
例えば、かぼちゃにごぼう、玉ねぎ、それにネギや生姜などの薬味は体を温めるの食材として病気の際にも利用されます。
また、果物も、柿やミカン(食べ過ぎは体が冷える)などがおすすめです。

積極的に摂りたい成分は?

生姜は食材でもありますが、漢方などでも利用されている、体を温める立派な成分です。
それに、高麗人参なども、体を温めてくれますし、代謝をよくすると同時に、体を温める効果があるカプサイシン、これをとればすぐに体が温まります。

体が温まる成分が含まれているおすすめサプリ

おすすめのサプリは、ミトコリンです。

マンゴージンジャーとブラックジンジャーの2種類の体が温かくなる成分が含まれているので、体の中からぽかぽかとしてきますし、無添加なので、安心して使うことができるサプリです。

更年期にオススメのサプリメント

更年期の冷えは様々なタイプと特徴がある

更年期の冷えはワンパターンではなく、いくつかの種類があるということ、そして、普段の冷えとは異なる特徴があります。

これらを解消するためには、上記でおすすめした成分や食材に気を付けるだけでなく、あなたの冷えのタイプを理解した上で、紹介した対処策を利用すれば、更年期の冷えを改善できるので、早速やってみてください。

-基礎知識

Copyright© 更年期の予防にオススメのサプリ!40代の冷え・めまい・肩こりの症状に , 2018 All Rights Reserved.